神戸市重度心身障害児(者)父母の会


会長ごあいさつ



神戸市重度心身障害児(者)父母の会 会長 武田 純子

 神戸市重度心身障害児(者)父母の会が神戸市に誕生して半世紀が経過します。
 長年神戸に住んでいる私たちは、日々あたり前のように接し生活していますが、主要都市に出るにも交通の便利さ、 海と山に囲まれ温暖な気候に恵まれた生活のしやすさ、また、洒落た神戸ブランドの豊富さは、 訪れた人から羨ましがられ「神戸が大好きです」といつも耳にする言葉です。
 この当たり前の生活の中で、私たちじゅうしん父母の会は、「重い障がいがあっても神戸に住み続けたい」という切なる会員家族の願いを汲み、 神戸市と話し合いながら充実した現実味のある施策ができるよう要望しております。
 神戸市重度心身障害児(者)父母の会の活動を通して、日々、命と向き合いながら懸命に生きようとしている重度の障害児(者)の実態等を、 もっと詳しく、多くの方々にお知らせしなければならないという役割と使命を感じます。
 兼ねてからの悲願であった、当会のホームページが、この度ようやく完成の運びとなりました。 こうして50年の歴史をひも解いて見ますと想像以上に、先人達の歩んできた道のりの深さをしみじみ感じます。
 神戸でずっと住み続ける人、これから他府県より神戸に移り住もうとしている人達が「重い障がいがあっても神戸に住んで良かった」と羨ましがられる街であり、 神戸市の施策であって欲しいと願います。
 後に続く重度の子どもを持つ家族が必要としている情報が、このホームページを通じて活用出来、支援の輪が拡がることで連携できる機関を見つけていただければ、 これ程うれしい事はありません。
 今後も当会の活動に対して、ご指導をいただき、一層のご尽力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

会長ごあいさつ
概要

沿革
創立50周年記念事業